洗濯できる着物があれば和装のハードルは下がるかも

先日、駅の改札で優雅に着流しを着ている男性を見かけました。
こうした格好はそれほど頻繁に見かけるわけではないが、ときどきそういう格好をしている人を見たりします。
そういう人を見たりすると、とても風流で風情があっていいなあと思ってしまいます。
そうした和装では、例えば自転車に乗ることが出来なかったりだとか、日常の中で少し不便を強いられることもあるかもしれません。
それに、服のお手入れにも気を使いそうなので、ちょっと気軽に出来るようなものではないのかもと思ってしまいます。
そういえば、少し前に百貨店に立ち寄ったときに、自宅で洗濯ができる着物生地が売っていました。
そこでは反物から着物を作るというスタイルだったのですが、もし自宅で洗濯できれば、和装のハードルも少し低くなります。
そのときは少し急いでいたのでお店の前を通り過ぎてしまったのですが、今度時間があるときに話を聞いてみようと思います。
反物から作るというのもちょっと気おくれしてしまいますが、手頃な値段で売っているといいな。キレイモ 学割 全身脱毛